終章 「生命を呼ぶ声」より